このページを編集する

おかげさまでニイミは創業87周年! 宝石・時計の修理・電池交換、地金の買取もお任せください。

来店のご予約は 0569-22-4771(10:00 - 19:30)

 2021年11月  

SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

スタッフblog

意外と知られていないピアスの種類と歴史
2021年11月14日 イオン半田店 



皆さまこんにちは、宝石・時計のジュエリーニイミ です。

当店にはGIA.GG(米国宝石学鑑定士)、ジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー、真珠振興会認定の真珠シニアアドバイザーなど宝石の専門家が在籍し、お客様の楽しいジュエリーライフを応援します。

愛知県半田市、知多郡阿久比町、西尾市に店を構え、県内全域から多くのお客様にご来店いただいております。


さて今回は…

「意外と知られていないピアスの種類と歴史」についてお話します。


17f6b44a19b708f421e227b83f6ad923_t.jpeg 

 

マスクの着用が日常になりつつある今、お顔周りのオシャレを演出してくれるピアスは更に人気が高まっています。
デザインもたくさんあるので、オンオフでの使い分けができるのも魅力ですよね。


ところで、皆さん今までに何度か大事なピアスとお別れしてしまったことはないですか?
マスク着用の影響もあってか、その取り外しの際にピアスを無くされる方が非常に増えてきています。
ふとした瞬間に鏡を見るとピアスが無くなっている…とっても悲しいですよね。


んな悲劇を防ぐとっておきのアイテムをご紹介します!
ピアスを着ける方すべてに自信を持ってオススメできるアイテム…
その名も「クリスメラキャッチ」です。

 ear-kg-420.jpg
5,720(税込)

 

一見、金属製のちょっと大きめのキャッチかな?と思われるかもしれません。
ですがとっても優秀な機能がたくさんあるんです。

 

1セットあればどんなピアスにも組み合わせられる

クリスメラキャッチは、多くのピアスに対応できるようになっているため(0.6mm1.1mmに対応)、1セットあれば十分です。カラーバリエーションも、ゴールド・シルバー・ピンクゴールドがあるのでお持ちのピアスに合わせて使って頂けます。


・使い方がとっても簡単

差し込むだけでピアスのピンに合わせてロックされます。ピンの端にある刻みのところでしっかり留まるので外れる心配がありません。
外したいときはキャッチの刻印の入っているレバーを引っ張るだけで簡単に外せます。


・医療用にも使われる安心素材

アレルギーに配慮して、医療用にも使われているサージカルステンレスという素材で作られています
とはいえ、つけっぱなしはオススメしないので、定期的にクリーニングをして時には耳を休ませてあげてください。


実際にニイミのスタッフも使用していますが、しっかりとロックされるので使い始めてから約5年間ほど落としたことも無くしたことも無いそうです!
大切なピアスにとって心強い味方となること間違いなしです。

当店にも3色展開でご用意がありますので、是非ピアス愛用者の方やこれからピアスを開けられる方は1度見に来てください。

 

 

<ピアスの種類>

ピアスにもデザインによってそれぞれ名前があるってご存じですか?
こでは、意外と知られていないピアスの種類と名称についてお伝えしますね。


・フープピアス

フープピアスとは、耳に輪っかが通っているようなデザインのピアスのことです。
フープピアスはサイズによって印象が大きく変わります。大きいものは、シンプルでもインパクト絶大で小顔効果があります。
小さいものは、大人の女性を演出してくれるので仕事でもプライベートでも使って頂けます。

デザインも豊富で、宝石やパールなどのワンポイントが施されているものや、スクエア型やハート型など真円ではないものも出てきています。
た、形状も遮断式とキャッチレスの2種類がありお好みに合わせてお使い頂けます。


▼遮断式

bfbffdbfbd14668d56b0cea4657b53b5.jpg
▼キャッチレス式
50250270900E.jpg

・アメリカン(チェーン)

アメリカンピアスは、耳にチェーンを通すタイプのピアスです。
別名「チェーンピアス」とも言われます。長めのシルエットになるので、小顔効果もあります。

ふとした仕草でチェーンが揺れるので目に留まりやすく、着けているだけで華やかさを演出してくれます。
落してしのが心配な方は、アメリカンピアス専用のピアスキャッチを組み合わせて頂くことをオススメします。

PSOP13-m-01-dl.jpg



・フック(ジプシー)

フックピアスは、耳にカギ型のフックを通すタイプのピアスです。別名「ジプシーピアス」。とも言われます。
たぶにひっかけるだけなので、簡単に装着できて忙しい朝にも重宝します。
こちらもアメリカンピアスと同様にふとした仕草でチラチラ揺れるのが魅力です。落してしまうのが心配な方は、ピアスキャッチの使用をオススメします。

nrp36_ns.jpg


・スタッド

スタッドピアスは、耳に通す軸部分が真っ直ぐになっていて、耳の後ろの留め具(キャッチ)で固定して着けるタイプのピアスです。
耳に密着するタイプなので、顔に近く目に留まりやすいのが特徴です。取り外しも簡単で安定しやすいので、ピアスをあけたばかりの方でも気軽に着けられます。

小さめのデザインであれば、マスクに引っかかることもないのでストレスフリーで着けることができます。
他のピアスと比べて顔の輪郭の印象をあまり変えることが無いので、シンプルで一番バランスの取りやすいピアスといえます。

0_0a633dd5124c9682eb2150ca98026a8a_500.jpg



・メンズ用

女性用が両耳セットで着けるのに対して、メンズ用は片耳のみや単独で着けられるデザインが多いです。
ですが最近ではメンズ用でも両耳セットで着けるデザインや、左右の耳に複数着ける方も増えてきています。明確な決まりは特に無いので好きなデザインのものを自由に身に着けて良いと思います。

 

menspierce3.jpg



<ピアスの歴史>

たくさんの種類が有り、多くの方から親しまれているピアスですが、実はその歴史も奥深いものがあるんです。

ピアスはもともと「貫通する」と言う意味を持っています。
ピアスの歴史は非常に古く、古代インダス文明やエジプト文明の頃からあったんです。

This_is_drawn_about_3000_years_ago.jpg

現代ではアクセサリーという印象が強いですが、元々は邪悪なものから身を守るための「魔除け」だったみたいです。
国や文化によって子供、特に女の子が生まれると生後間もないうちにピアスを装着させる習慣があって、その当時は金属製でリング状の耳飾りが流行しました。

日本では縄文時代に既にピアスの風習が存在していたと言われています。
当初は魔除けのアイテムとして広まったピアスですが、徐々にその風習は廃れてきました。
今では当たり前のようにオシャレの一部として老若男女問わず親しまれていますよね。

 shop_hikaku.jpg

 

 

ここまでピアスの種類や歴史についてお話させてしましたが、いかがだったでしょうか?
少しでもピアスに対する興味・関心を深めて頂けていれば幸いです。

店頭にも様々な種類のピアスをたくさんご用意してあります。
また、店頭に無い物でもお取り寄せをすることも可能ですのでお気軽にお申し付け下さい。

皆様のご来店を心よりお待ちしております♪