このページを編集する

おかげさまでニイミは創業83周年! 宝石・時計の修理・電池交換、地金の買取もお任せください。

来店のご予約は 0569-22-4771(10:00 - 19:30)

 2019年5月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

リフォーム&修理事例集

24120件を表示中
2019年05月06日 修理事例 
25年ほど前、彫金家のご友人に特別に作っていただいたというゴールドのリングをお持ちになったお客さま。 すずらんのレリーフが施された素敵なお品ですが、サイズが合わなくなって10年ほど使っていらっしゃらなかったそうです。こちらが元のリング ずっとまた身に着けたいと思っていらしたところへ、当店のリフォームフェアのちらしをご覧になったとのことでご来店いただきました。 すずらんのレリーフは表側だけに刻まれていましたので、指の内側部分に金継ぎをすれば目立たずきれいに仕上がりますということをご説明しました。 最初は薬指に合わせて直すおつもりだったのですが、サイズが大きくなりすぎるとリングのイメージが変わってしまうと思ったので、2サイズアップで済む小指に合わせることをお勧めしました。こちらがサイズお直し後のリングです。継ぎ目もなくきれいに仕上がっています 仕上がりにはとても満足されて、 「とてもきれいになって戻ってきてくれてうれしいわ。さっそく今日から使いますね。家族にも早く見せたいわ」 とおっしゃっていただきました。 お友だちとの思い出の品が美しくよみがえって、本当にうれしそうなお客さまの様子に、スタッフ一同も満たされた気持ちになりました。
こちらは50代のお客さまで、リフォームはできますかとのお問い合わせをいただいてのご来店です。 立派な立爪の婚約指輪ですが、かなり背が高くて日常には使いにくく、デザインも古くなってしまったので、ずっとしまってあったそうです。立派な立爪のリングですが…かなりの高さがあり、お洋服に引っかかるなど使いづらさがありそうです たくさんのデザインバリエーションの中から、できるだけ出っ張りが少なく使い勝手の良さそうな形をピックアップしてご提案しました。 最終的にお客さまが選んだのは、美しい流線型のラインが印象的なモダンなデザイン。 水の流れの中に抱かれたダイヤモンドが、水面にきらめく木漏れ日のように見えます。 ダイヤモンドに大きさがありましたので、他の石は加えず、主役を引き立てるデザインです。 土台となる腕のデザインに立体感があり、動きが出るので、角度によってさまざまな顔を見せてくれます。 シンプルなのに飽きのこないステキな仕上がりとなりました。きれいな流線形が印象的です お客さまも「これなら普段から大活躍してくれそう」と、とても喜んでくださいました。 婚約指輪などは、人生の記念として思い出とともに大切に保管されている方が多いと思うのですが、少しもったいない気がします。 ぜひもう一度、ご一緒に今を生きるため、ブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか。 人生の記念日を大切に、ニイミ時計店です。
2019年04月29日
お嬢さまの卒業式まで4日と迫ってから、つけて出席しようと思っていらしたパールのネックレスの糸が切れてしまっていることに気がついて、慌てて当店に持ってお見えになりました。 お母様から譲り受けたネックレスだそうですが、とても「テリ」の良い立派なパールで状態も良く、大切に保管されていたことがうかがえます。 「普段はしまいっぱなしで糸替えも初めて。留め具がつけにくいのもあまり使わなくなる一因なのよね」 とおっしゃるお客さまに、前で留められるマグネットクリップ型のクラスプをご提案したところ、とても興味を持っていただきました。 たくさんの種類の中から、一緒に来られていたお嬢さまとゆっくりお選びいただきました。 翌日、仕上がったお品物をつけてご覧になられ、 「パールがこんなにつけやすくなるなんて思ってもみなかった。これなら登場回数も増えそうだし、娘の式が楽しみです」 と、お喜びいただけました。 通常は中二日ほどお時間をいただく糸替えですが、お嬢さまの卒業式に間に合うよう、ご対応させていただきました。 時計・ジュエリーのお困りごとに全力でお応えするニイミ時計店です。
2019年04月29日
20年前にお母様からおみやげでもらったお品という黒のネックレス。 中心に向かって珠がサイズグラデーションになっているタイプです。 ずっと大切にタンスの中にしまってあったものを、久しぶりに出してつけてみたら、少し長くて使いにくいかなと思われたそうです。 これから夏に活用するために、Tシャツに合わせやすい短めのレングス感にしたいとのこと。 カジュアルなTシャツに、鎖骨に沿ったエレガントな黒のグラデーションネックレスが、とてもおしゃれ上手な印象です。 糸替えとともに珠を15個抜いて長さを調節。 古いクラスプが使いづらいとおっしゃっていたので、ビーンズタイプのクラスプをご提案しました。長さもちょうど良くなって、クラスプの使いやすさも実感していただき、これでたくさんつけて楽しめると、とても喜ばれました。 いつもお買い物で当店の前を通ると、リフォームの看板が出ているので一度相談してみようと思ってくださったとのことで、私たちも非常に嬉しく思いました。 これからもお客さまに気軽に相談にお越しいただけるよう、皆で一生懸命ご対応させていただきます。
2019年04月29日
30代の男性のお客さまがお持ちになられたのはCASIOのG-SHOCK、シンプルでスタイリッシュなモデルです。 衝撃に強く「落としても壊れない時計」をコンセプトに作られた人気のシリーズです。 もう10年ほどご愛用で、とても気に入っていらっしゃるそうですが、このところ日付がたびたび1月1日に変わっては元に戻るのを繰り返すようになったということです。 時刻は合っているので使えてはいるそうですが、日付が変わってしまうのは困りますね。 お気に入りだとおっしゃる通り、大切にされてお手入れも行き届いているのがわかる、とてもきれいでキズも少ない状態でした。キズも少なくきれいにお使いです 修理費用が1万円を超えるようなら、新しいものに買い替えることを検討してもいいと思っていらっしゃるようでしたが、まずは分解掃除のお見積もりをお勧めしました。 結果的に1万円をわずかに超えましたが、お気に入りのお品がお手元に戻ってくると、やはりほっと安堵の表情を浮かべられ、直ったことに感激されたようでした。 お客さまの笑顔に私たちも喜びがこみあげます。 客さまに長く愛用していただけることは、私たちにとってもとてもうれしいことなのです。 お直ししたG-SHOCKにはこれからも活躍してほしいと思っています。 良いものを末長くお使いいただくためのサポートをするニイミ時計店です。
2019年04月28日
電池交換などでときどきお見えになっていたお客さまがお持ちになったのは、梵天房の立派なお念珠です。 30年以上前に購入されたもので、中糸は完全に切れてしまってはいないものの、ところどころ擦り切れた繊維がはみ出している状態でした。 他のお念珠はお子さん達が持ち出してしまって、今手元に残っているのがこのお念珠だけのため、こういったものが修理できるのか不安に思いながらも、お持ちくださったとのことです。 糸替えがきれいに仕上がって、安心して使えるようになったとホッとなさっていたのが、私たちもうれしかったです。 良いものを長く使い続けたいのは、ジュエリーもお念珠も同じだと思います。 昨今よく話題に上るSDGs(Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)の考え方にも合致すると思いますし、今あるものを大切にすることは、最善かつ最先端の方法なのではないでしょうか。
2019年04月28日
いつも個性的でおしゃれなファッションでお越しになるお客さまが、ネックレスを修理してほしいとお見えになりました。 拝見すると、玉を通すワイヤーが切れて、一部がばらばらになってしまっています。 幸い、バラバラになった玉もすべて紛失されずに揃っていましたので、元どおりにお直しすることができました。 エスニックテイストのシックな出で立ちのお客さまにぴったりの、ボリューム感のあるネックレスです。 黒を基調に、ところどころに水晶やプリミティブな柄のビーズをあしらったエキゾチックなネックレスを普段使いにされているというお客さま。 「これでまたいつものようにつけられるわ」と嬉しそうに持ち帰られるのを、私たちもうれしい気持ちでお見送りすることができました。 自分に似合うファッションを、ジュエリーとともに楽しんでおられる姿は、私たちにとってもとても勉強になります。 これからもご自身のおしゃれを思いきり楽しんでいただきたいと思います。   これって直るのかしら? しまいこんだままのジュエリーがあるんだけど… そんなときはぜひ、ご相談ください。
2019年03月31日
      以前からいろいろなジュエリーをお買い上げいただいているお客さまに、お使いになられていないジュエリーはありませんかとお尋ねしたところ、すぐにリングとネックレスの2点をお持ちになられました。どちらもダイヤモンドを留めた立爪が大ぶりで、デザインが古くなってしまったのと、引っ掛かりがあって使いにくいことがリフォームにお持ちになられた理由です。   リングの方はダイヤモンドのソリテール。珍しいオーバルカットでアームに対して垂直にセットされています。ダイヤモンドの輝きや存在感が発揮される美しいデザインですが、高さに加えて横方向にも出っ張りが大きく、使いづらさがあったとのことです。 こちらが元のデザイン。リング本体から石がかなり突き出ています   いろいろご提案させていただいた中からお客様が選ばれたのは、プレーンながらふっくらと華のあるデザイン。オーバルの石をアームに対して平行にセッティングして、両サイドに脇石を加えたものです。ちょうど( )の中にダイヤモンドが入ったようななめらかな形の爪で留めてあります。高さも抑え、お洋服などへの引っ掛かりはほとんど気にならなくなったと思います。 リフォーム後は、楕円形を生かしたモダンなデザインになりました   ネックレスも大きな立爪がデザイン的に古く見えるので、シンプルでさりげないデザインに変更してほしいとのことでした。出来上がりは極力爪を小さくし、ダイヤモンドだけが浮かび上がって輝くデザイン。プラチナのチェーンも新しいものをご購入されました。今後もチェーンを交換するなどさまざまなアレンジが楽しめると思います。 リフォーム前の立爪の目立つデザイン リフォーム後のすっきりとしたペンダントトップ   リフォーム後に完成品をお渡しすると、リングとネックレスのどちらもすっきりとしたデザインになって使いやすくなったと、とてもお喜びいただけました。「これなら普段にもつけられるし、ずっと使えるわ!」 新しくなってよみがえったジュエリーを、嬉しそうに着けて帰られるお客さまをお見送りすると、私たちも嬉しくてスキップしたくなるんですよ。  
当店で催事があるたびに、リフォームのご相談をしてくださるお客さまから、ペンダントトップのリフォームのご依頼をいただきました。 二つのペンダントトップを、一つにするリフォームです。無色のダイヤモンドとブラウンダイヤモンドの2色のダイヤモンドを一つのペンダントトップにしました。シンプルな縦一文字のペンダントトップに、大粒のダイヤモンド二つのトップをつなげ、揺れ感をプラス。よりゴージャスになりました。 艶やかな褐色の輝きが魅力のブラウンダイヤモンドと、華やかな透明ダイヤモンドのコンビネーションは装いをシックに仕上げてくれます。シンプルな形ですから、ドレスにもジーンズにも合わせやすいですね。プレーンなシャツやニットなどに普段使いすると、装いをぐっと格上げしてくれると思います。
私どもの10年来のお客さまからのリフォーム、というよりオリジナルのオーダージュエリーの案件です。80代のH様は、超がつくほどお元気で、今も週に3回のジム通いを欠かさないアクティブな女性です。大のジュエリー好きで、お手持ちのルースも数多く、娘さんやお孫さんにお譲りになるため、あれこれと見繕ってはルースを手に、私どもの店にご相談に来られます。 今回は一粒ダイヤのリングと20ピース以上のホワイトサファイアのルースをお持ちになられました。これまたご自身のものであるゴールドのオメガ(チョーカー型のネックピース)に合うペンダントトップを作りたいとのご意向でした。 デザイナーと話し合い、アレキサンドライトを加えてオリジナルデザインのネックピースとお作りしました。大きな一粒ダイヤはチャームの先端に、昼光とと夜の光で色の変化するアレキサンドライトを花芯に、ホワイトサファイアの花びらで取り囲んだ上品で可憐なペンダントトップができあがりました。存在感のあるゴールドのオメガに負けない美しいペンダントトップです。 年齢を問わず使えるタイムレスでエイジレスなデザインに仕上がったチョーカーは、娘さんとお孫さまにお譲りになるそうで、ご家族のお喜びになる様子が目に浮かび、私たちが幸せな気持ちになりました。まだまだたくさんのジュエリーやルースをお持ちだとのことですので、これからもオリジナルジュエリーの制作に、ご協力させていただけることを楽しみにしております。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
2019年03月24日 修理事例 
決算のご案内でご来店された40代のお客さま。修理したいネックレスがあるとのことで、ご相談をいただきました。シルバー素材の可憐なネックレスは、ボールチェーンが切れてしまってご自身では直せず、お困りでした。とてもお気に入りのデザインで、普段からつねに着けていらしたそうです。 ブバリアの花を模した4枚の花びらは、クロスモチーフにも見える個性的なデザインで、胸元を清楚に見せてくれます。シャツやワンピースに一つ着けているだけで、上品な着こなしを演出できるネックレスは重宝な存在です。長さの違うネックレスやペンダントとの重ねづけにも活躍してくれるでしょう。 出来上がりをお渡ししましたら「助かりました。いつもありがとう」と、とてもお喜びになって、その場で着けて帰られました。 私たちが一番しみじみとうれしい瞬間です。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。  
使わなくなってずっとしまってあった結婚指輪を、ペンダントトップにリフォームしました。ある日、電池交換でご来店された50代の女性のお客さまと世間話をしていて、こんな指輪があるんだけど、なんとかならないかしら?というお話しになりました。0.3カラットほどのダイヤモンドでしたので、ゴールドの枠で覆輪留めにして、シンプルなペンダントトップにリフォームしました。あまり予算をかけたくないとのご意向でしたので、ペンダントトップだけをお作りして、チェーンはお手持ちのものをお使いいただくことにしました。 お子さまにお譲りになるおつもりでリフォームされたのですが、しばらくはご自身で楽しまれてはとご提案しました。仕上がったペンダントトップをご覧になると、やはりご自身で楽しみたくなられたようで、お子さまに譲るのはもう少し先にするとのことでした。 サイズが合わなくなったり、デザインが古くなったりしてしまいこんである指輪などを、そのままにしておくのはとてももったいないことです。結婚指輪などは地金部分を下取りし、リフォーム資金に充当すれば、非常にリーズナブルな作り替えが実現します。ご予算に合わせて様々なリフォームが可能ですので、ぜひご活用いただきたいと思います。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
2019年02月28日 修理事例 
50代の男性のお客さまがお持ちになったのは、チェーンの切れたネックレス。引き輪ごと取れてしまって使えなくなっています。元はと言えば、奥様にプレゼントしたものだそうですが、チェーンが切れてしまってからは、ずっとしまってあったのだそう。光を受けて七色に輝くオパールにゴールドの花びらが取り巻く可憐なデザインは、きっと奥様のイメージにぴったりだったのでしょう。 お預かりした時のネックレス。引き輪の手前でチェーンが切れてしまっています元どおりに直してお見せすると、とてもお喜びになって、改めて奥様にプレゼントしたいとおっしゃっていました。 そしてラッピングしてお渡ししたところ、「パーティーで渡すね」と言ってお帰りになられました。奥様の喜ぶお顔が目に浮かび、お渡ししたこちらも自然に笑みがあふれました。 奥様や恋人のためにジュエリーショップにお越しになる男性は、本当にすてきな方が多いと思います。ご自身のためのジュエリーを選ぶ男性もおしゃれな方ばかりですが、愛する女性のために宝石店に足を運ぶ男性は、もっとすてきに見えるのは気のせいではないと思います。 修理して引き輪をつけた状態。小さな金具ですが、これがないと使えません どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
親子三代でご来店のお客さまです。プラチナのダイヤモンドリングを、普段使いできるジュエリーにリフォームしたいとのことで、ご相談にお見えでした。お母さま、お嬢さま、お孫さまの三代揃ってご一緒にいらして、お嬢さまやお孫さまが使えるように、シンプルで飽きのこないダイヤモンドジュエリーにしたいとお考えでした。 こちらがリフォーム前のダイヤモンドリング。脇石もあって華やかですが、日常使いには不向きだったようです。サイズ調整の必要のないネックレスで、いくつかのデザインパターンをご提案し、一番シンプルで使い易いデザインをお選びいただきました。“ダンシングストーン”というシリーズの、わずかな動きで石が揺れ、きらめきが生まれるペンダントトップです。 とてもステキな仕上がりで、これなら長く使えると、たいへん喜んでいただくことができました。 今回お持ちになられたダイヤモンドリングには、センターストーンのほかに脇石にもダイヤモンドが使われていましたので、それは次回また別のジュエリーにお使いいただく予定です。プラチナの土台は下取りさせていただきました。 ほかにも0.2ctのリングをリフォームしたいとお考えで、ご自宅で眠っているジュエリーが蘇る楽しみに、ワクワクされてお帰りになられました。 リフォーム後のダンシングストーンの揺れるペンダントトップ。シンプルなデザインで使いやすさは抜群です。ジュエリーは、大切な人へ思いを込めて引き継いで行くものです。お嬢さまとお孫さまと、ご一緒に相談されながらデザインをお決めになるご様子は、そばにいるこちらも幸せな気持ちになれるひとときでした。次回のご来店を心から楽しみにしています。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
  ダイヤモンドの一粒タイプリングとペンダントなど、使わなくなった複数のジュエリーをいろいろとお持ちになったお客さま。あれこれとご相談して、普段使いできるシンプルなダイヤモンドのペンダントネックレスをお作りすることになりました。メインのダイヤモンドは一粒タイプのリングから、バチカン部分には新たにダイヤモンドを追加して、きらめきを倍増させました。 リフォームのため、センターストーンを外した状態のリング。とてもかわいく仕上がったと、たいへん喜んでいただけて、私たちのほうがうれしくなりました。ほかにいろいろとお持ちになったジュエリーは、すべて下取りさせていただき、リフォーム代金の一部に充当したため、とてもリーズナブルにリフォームできたという点も喜んでいただけたポイントの一つです。 ジュエリーは眠らせていてはもったいないので、どんどんリフォームしたり、下取りに出したりして活用することを、いつもお客さまにおすすめしています。デザインが古くなってしまった、とかなんとなく飽きてしまってしまいこんでいるものなど、リフォームすれば新鮮で心ときめくジュエリーとして蘇らせてあげることができます。どうぞいつでもご相談くださいね。 リフォーム後のネックレス。リングから外したダイヤでペンダントトップを作り、バチカンにもダイヤを追加しました。  どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
お父様が生前、お母様に贈られたペリドットリングの、石がゆるんで来たので直してほしいとのことでした。もともと電池交換などで、たびたびご来店いただいていたお客さまで、ジュエリーなどに関するお話をよくさせていただいていたお客さまからのご相談でした。こちらがリフォーム前のリング。半世紀以上前のものとは思えないモダンなデザインと、透明度の高いみごとなペリドットに心を奪われます。 お父様がお母様にこのリングをプレゼントされたのは、60年ほども前のこと。セレクトショップで購入されたそうです。4ctもあるみごとなペリドットのリングは、透明度の高い明るいグリーンの希少なもの。ダイヤモンドの脇石が配されたデザインは現代的で、まったく古さを感じさせません。このタイムレスな魅力にあふれたデザインを生かし、ゆるみにくく使いやすい形をご提案させていただきました。こちらがリフォーム後。元の美しいデザインを生かしながら、代々伝えられるほどの強度を持たせたリングに仕上がりました。 元は4本の爪で留めるデザインでしたが、爪をなくし、楕円形の石の左右の長辺をフクリン留めにしたので、引っかかることもありません。石がしっかり留まって緩む心配もないので、普段使いしやすくずっと着けていられると、たいへん喜んでいただけました。 当面はご自身で着けて楽しみたいとのことですが、ゆくゆくはお子さまに譲ることをお考えなので、しっかりと丈夫な作りにしておきたかったとおっしゃっていました。 半世紀以上の時を経ても古びない、モダンなジュエリーを選ばれたお父様の審美眼を尊重し、次代に引き継いでいかれる姿勢が、とてもすてきですね。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
パールネックレスをお買い求めになるため、ご来店されたお客さまとお話をしていたところ、しまいこんでいる立て爪のリングがあるので、普段使いできるようにならないかというお話をお聞きしました。 こちらがリフォーム前の立爪リングです。石留め部分の高さがあり、引っかかりやすいデザインでした。そこでリフォームをお勧めし、枠のサンプルをいくつかご覧いただきました。最終的に3点ほどの枠に絞り込んでご提案し、お気に召したデザインにリフォームしていただくことになりました。 元の立て爪リングは0.5ct弱の一粒ダイヤのものでしたので、枠のデザインに合わせて脇石を追加し、お作りしました。 新しくご提案したのは、リングの腕が左右からダイヤモンドを挟み込むようにホールドするデザインで、石が突出することがなく、引っかかったり当たったりすることがありません。そしてとてもモダンなデザインです。お客さまには、眠っていたジュエリーが思いがけず蘇ったと、たいへん喜んでいただきました。当面はご自身がお着けになって楽しまれるとのことですが、いずれはお嫁さんや娘さんにお譲りになるおつもりのようです。思い出のこもったジュエリーを代々受け継いで行く“ビジュー・ド・ファミーユ”は、大切にしたい家族の伝統ですね。   これがリフォーム後。すっきりとしたモダンなデザインになりました。どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
2019年01月30日 修理事例 
大粒のみごとなパールネックレスをお持ちになられたのは50代のお客さまです。糸が切れ、珠がいくつか外れてしまっていました。このように糸が切れてしまった様子です。先月、法事につけて出席しようとなさったところ、珠が外れていてたいそうお困りになられたとのこと。出かける間際、さあ、あとは仕上げにネックレスをつけるだけ、と思って取り出したネックレスの糸が切れていたら、あわててしまいますね。さぞかしお困りになられたことでしょう。いつごろのお買い求めかをお聞きしたところ、ご結婚の際に購入されて、式の時にも着用なさったという思い出の品。とても大切な品なので、どうしても直してほしいと切実な思いで、私どもの店にお持ちになられました。糸替えを終えて綺麗にしあがりました。みなさまもお気をつけてください。特にしまったままにしていると、いざ使おうとするときに、糸が緩んでいて切れてしまうことがあります。できれば3年に一度くらいは糸交換だけでもしておくことが長く持たせるコツです。 糸替えと同時に留め具のクラスプもクリップタイプのものに交換されてはいかがでしょうかというご提案もしましたが、「今の形を大切にしたい」とおっしゃられて、すべて元の形のままにお直しさせていただきました。 「ずっと大切にしてきたもので、今も現役で使っているものだから、元どおりに直してもらえて本当によかった」と喜んでいただくことができて、私たちも温かな気持ちになりました。 ニイミは、どんなご相談にも全力でお応えします。お困りのことがありましたらお問い合わせください。
2019年01月30日 修理事例 
アピタ店にいらした40代のお客さまがお持ちになったのは、結婚指輪でした。毎日肌身離さずお着けになっていて、すり減ってしまってとうとう割れてしまったのだそうです。大切な思い出の詰まった結婚指輪がぱっくり割れてしまって、どんなにショックをお受けになったことでしょうか。直るものかどうか、ずいぶんご心配になってお見えになりました。お持ちになった時の切れてしまった指輪 ご結婚以来、ずっとご愛用なさってきた指輪ですから、新しいものを新調しようというお考えはなく、ともに結婚生活を歩んできたこの指輪を修理して、再び肌身離さず身に着けたいとの思いが非常にお強いのだと感じました。 ゴールドのプレーンなドーム型のリングですが、まんなかがざっくりと割れ、0.5ミリほどのすきまがあいてしまっています。私どもは元どおりの姿に戻すことをお約束してお預かりしました。当店の信頼おける職人にお願いをして、出来上がってきたのがこちらです。 すっかり元どおりのリングにしてお渡ししましたところ、とてもお喜びいただきました。「どこが割れた切れ目かまったくわからないですね!キレイに仕上がってよかった。ありがとう!」と、たいへん喜んでいただいて、おとりつぎした私たちの方が驚くくらい感謝のお言葉をちょうだいしました。   ニイミは、どんなご相談にも全力でお応えします。お困りのことがありましたらお問い合わせください。
2019年01月29日 修理事例 
お手持ちのお念珠のふさ(ぶら下がっている部分)を注意してご覧になったことがありますか?年を重ねていくと日に焼けてしまったり、においがついてしまったりしてしまいます。今回はアピタ店にご来店のお客さまから本連の立派な珊瑚念珠の房交換についてご相談いただきました。お母様からいただいた大切なお念珠なので、きれいにして保管しておきたいとのことです。長年の愛用で房の色がすっかり茶色く変色してしまっていました。ふさの部分をご覧いただくと色が変色してしまっています。親珠や四天珠は透明のため、変色した糸が透けて見える状態です。房とともに全体の糸替えをお引き受けすることになりましたが、ご来店時には元どおりになるのか、ご心配されていたようです。ニイミにお任せください。このように仕上がりました。出来上がりはこちら、ふさの色が全然違いますよね。 真っ白な新しい糸と房に交換して、美しく元通りになったお念珠をお渡しすると、これなら娘にでも孫にでも譲ってあげることができると、たいへん喜んでいただくことができました。年月とともに糸が伸びて珠が緩んでいたのもきりっと締まり、珊瑚玉がきれいな円を描いています。海で育まれたサンゴは有機物のため、唯一ご氏族へ譲ることのできる品とも言われています。水晶のお念珠などは持っていた本人の念が入ってしまうので、敬遠されてたりもします。 ニイミは、どんなご相談にも全力でお応えします。お困りのことがありましたらお問い合わせください。
24120件を表示中