このページを編集する

おかげさまでニイミは創業83周年! 宝石・時計の修理・電池交換、地金の買取もお任せください。

来店のご予約は 0569-22-4771(10:00 - 19:30)

 2018年8月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

スタッフblog

時空を超える宝飾芸術~ショーメ展に行ってきました♪
2018年08月18日

東京駅の近くの「三菱一号館美術館」で日本初のショーメの美術展を見てきました。

 

ショーメはフランスのジュエリーブランドで創業は1780年創業

 

日本は?と言えば江戸時代、和服に刀にかんざし。

DSC_1905.JPG

230年以上前のパリは、すでに、こんなに美しいジュエリーをつくっていたのかと

文化の違いに、ため息が出ます。

 

 

ナポレオン一世がショーメに依頼し、作らせた王冠から始まり

たくさんのティアラが展示される部屋は圧巻でした

写真を撮っていいんですけど、手が震えてうまく撮れません。

 

 

うぅ・・ごめんなさい

やっぱり撮れない。

 

 

実物のティアラの反対側では

 

300点以上の

ニッケルシルバーモデル(デザイン画をニッケルなどで立体に起こしたもの)が

DSC_1912.JPG

端から端まで、展示されていて圧巻です。

 

 

 

そして、さらにそれでもよく見えない、私のような者のためには

DSC_1934.JPG

大きな拡大写真が展示されています。↑これは写真の写真ということです(笑)

 

ジュエリーは小さなものなので、大きく拡大すると、

細かい部分が粗かったりするのですが

 

さすがに一流のブランドが誇るジュエリーは

どんなに拡大しても細部まで行き届いているのでした。

 

 

写真を撮っている友人さえまともに撮れないんだけど・・・

パネルはこんなサイズです。

 

 

 

ジュエリー大好きなジュエラーの友人と、盛り上がりながら

夢中になって鑑賞し

 

 

 

やっぱり、昔のジュエリーは一つ一つ、愛おしいねと、感想は一致。

もちろんショーメの最近の作品も、技術が優れ、均整がとれて

現代の作品の完成度は、とても素晴らしいのですが

 

 

この古いジュエリーは、ふぞろいな石たちが、全部意志を持っているようで

1880年、どんな思いで、この作品ができたのだろうと思うと

 

まさに、思いは一瞬で、時空を超えていくようでした。

 

 

 

 

 

帰りの東京駅も美しく。

 

中身が近代化されても、外観は趣を残し

やはり、歴史や時代を感じるものに特有の時間が流れていて

まるで、時間旅行のようでした。

 

 

 

 

 

 

にいみえみ

 

 

 

 

 

.:*・゚Jewelry♪Watch♪Glasses♪Love゚・*:.。.

  

   宝石・時計・メガネのニイミ 

 

 

ホームページ http://www.j-niimi.co.jp/

 

 

☆ 田中貴金属工業正規特約店・金地金売買

☆ GaGaミラノ・ロンジン・グランドセイコー正規品取扱い・修理

☆ ブライダルジュエリー・ジュエリーリフォーム・加工・修理

☆ 金・プラチナ・貴金属 現金買取・リサイクル≪RE:TANAKA≫

☆ あなたの宝石を万華鏡に~喜石の万華鏡

 

愛知県 半田市 知多半田駅前通り 本店 ℡0569-22-4771

 

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・