このページを編集する

おかげさまでニイミは創業86周年! 宝石・時計の修理・電池交換、地金の買取もお任せください。

来店のご予約は 0569-22-4771(10:00 - 19:30)

 2020年10月  

SunMonTueWedThuFriSat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スタッフblog

~腕時計の進化-G-SHOK編~

みなさまこんにちは、宝石・時計・メガネのジュエリーニイミです。

 

当店にはGIA.GG(米国宝石学鑑定士)、ジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー、真珠振興会認定の真珠シニアアドバイザーなど宝石の専門家が在籍し、お客様の美しいジュエリーライフを応援します。

 

愛知県半田市、知多郡阿久比町、西尾市に店を構え、県内全域から多くのお客様にご来店いただいております。

 

さて今回は

 

~腕時計の進化-G-SHOCK編~と題しまして店頭でお客様とお話させていただく中で、今まで知らなかったけどお話させていただくと「へー!!」となることが多々ある腕時計の事をチラッとご紹介させて頂きます。

 

まずみなさまはCASIOG-SHOCKという腕時計をご存じですか?

CASIO計算機株式会社が【壊れない腕時計】というテーマのもと、1983年から販売されているブランドです。

 

 

 

それまで落としたり、衝撃が加わると壊れてしまうのが“当たり前”だった腕時計でしたがその今までの常識をG-SHOCKは覆しました。

 

最初日本ではあまり高評価とはいえませんでしたが衝撃に強いというところに着目したアメリカで爆発的な人気商品になり、その後、日本でもその人気は勢いを増し、日本の腕時計ブランドの確立、腕時計トップブランドの仲間入りとなりました。

 

そしてタフネスな腕時計として他ブランドとの差別化に成功し、2019年に発売したGA-2000シリーズにより更なる進化を遂げました。

 

その腕時計がこちらです

 

 

 

①この腕時計の最大の特徴としては「カーボンコア構造」の採用です。

樹脂素材の概念を超えることにより圧倒的な強度で過酷な環境で酷使しても、素晴らしい機能や高い精度を長く維持し続けます。

 

 

 

②更に今までのG-SHOCKとの違いとしては「裏蓋部分が二重構造」になっております。

この二重構造により裏蓋への衝撃には強くなり、今まではベルトの形状を丸まった状態にし、裏蓋に衝撃が加わることを回避して守ってきましたが、二重構造にする事によりベルトを真っ直ぐにできるような形状になりました。

 


 


③最後に別売ベルトでカスタマイズできます。

ベルトの裏部分にレバーを付ける事によりお客様で好きな時に好きな色のベルトに交換できます。

最近では流行っていて各社メーカーが付けている構造ですが様々な色を楽しめるG-SHOCKですぐ交換できるのは嬉しいですね!

 

ニイミではGA-2000シリーズ以外にも様々なG-SHOCKを取り扱っております。

 

ご来店された際は是非見ていって下さいね!

みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げます。