このページを編集する

おかげさまでニイミは創業83周年! 宝石・時計の修理・電池交換、地金の買取もお任せください。

来店のご予約は 0569-22-4771(10:00 - 19:30)

 2019年4月  

SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

リフォーム&修理事例集

ジュエリーリフォーム事例の記事

818件を表示中
当店で催事があるたびに、リフォームのご相談をしてくださるお客さまから、ペンダントトップのリフォームのご依頼をいただきました。 二つのペンダントトップを、一つにするリフォームです。無色のダイヤモンドとブラウンダイヤモンドの2色のダイヤモンドを一つのペンダントトップにしました。シンプルな縦一文字のペンダントトップに、大粒のダイヤモンド二つのトップをつなげ、揺れ感をプラス。よりゴージャスになりました。 艶やかな褐色の輝きが魅力のブラウンダイヤモンドと、華やかな透明ダイヤモンドのコンビネーションは装いをシックに仕上げてくれます。シンプルな形ですから、ドレスにもジーンズにも合わせやすいですね。プレーンなシャツやニットなどに普段使いすると、装いをぐっと格上げしてくれると思います。
私どもの10年来のお客さまからのリフォーム、というよりオリジナルのオーダージュエリーの案件です。80代のH様は、超がつくほどお元気で、今も週に3回のジム通いを欠かさないアクティブな女性です。大のジュエリー好きで、お手持ちのルースも数多く、娘さんやお孫さんにお譲りになるため、あれこれと見繕ってはルースを手に、私どもの店にご相談に来られます。 今回は一粒ダイヤのリングと20ピース以上のホワイトサファイアのルースをお持ちになられました。これまたご自身のものであるゴールドのオメガ(チョーカー型のネックピース)に合うペンダントトップを作りたいとのご意向でした。 デザイナーと話し合い、アレキサンドライトを加えてオリジナルデザインのネックピースとお作りしました。大きな一粒ダイヤはチャームの先端に、昼光とと夜の光で色の変化するアレキサンドライトを花芯に、ホワイトサファイアの花びらで取り囲んだ上品で可憐なペンダントトップができあがりました。存在感のあるゴールドのオメガに負けない美しいペンダントトップです。 年齢を問わず使えるタイムレスでエイジレスなデザインに仕上がったチョーカーは、娘さんとお孫さまにお譲りになるそうで、ご家族のお喜びになる様子が目に浮かび、私たちが幸せな気持ちになりました。まだまだたくさんのジュエリーやルースをお持ちだとのことですので、これからもオリジナルジュエリーの制作に、ご協力させていただけることを楽しみにしております。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
使わなくなってずっとしまってあった結婚指輪を、ペンダントトップにリフォームしました。ある日、電池交換でご来店された50代の女性のお客さまと世間話をしていて、こんな指輪があるんだけど、なんとかならないかしら?というお話しになりました。0.3カラットほどのダイヤモンドでしたので、ゴールドの枠で覆輪留めにして、シンプルなペンダントトップにリフォームしました。あまり予算をかけたくないとのご意向でしたので、ペンダントトップだけをお作りして、チェーンはお手持ちのものをお使いいただくことにしました。 お子さまにお譲りになるおつもりでリフォームされたのですが、しばらくはご自身で楽しまれてはとご提案しました。仕上がったペンダントトップをご覧になると、やはりご自身で楽しみたくなられたようで、お子さまに譲るのはもう少し先にするとのことでした。 サイズが合わなくなったり、デザインが古くなったりしてしまいこんである指輪などを、そのままにしておくのはとてももったいないことです。結婚指輪などは地金部分を下取りし、リフォーム資金に充当すれば、非常にリーズナブルな作り替えが実現します。ご予算に合わせて様々なリフォームが可能ですので、ぜひご活用いただきたいと思います。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
親子三代でご来店のお客さまです。プラチナのダイヤモンドリングを、普段使いできるジュエリーにリフォームしたいとのことで、ご相談にお見えでした。お母さま、お嬢さま、お孫さまの三代揃ってご一緒にいらして、お嬢さまやお孫さまが使えるように、シンプルで飽きのこないダイヤモンドジュエリーにしたいとお考えでした。 こちらがリフォーム前のダイヤモンドリング。脇石もあって華やかですが、日常使いには不向きだったようです。サイズ調整の必要のないネックレスで、いくつかのデザインパターンをご提案し、一番シンプルで使い易いデザインをお選びいただきました。“ダンシングストーン”というシリーズの、わずかな動きで石が揺れ、きらめきが生まれるペンダントトップです。 とてもステキな仕上がりで、これなら長く使えると、たいへん喜んでいただくことができました。 今回お持ちになられたダイヤモンドリングには、センターストーンのほかに脇石にもダイヤモンドが使われていましたので、それは次回また別のジュエリーにお使いいただく予定です。プラチナの土台は下取りさせていただきました。 ほかにも0.2ctのリングをリフォームしたいとお考えで、ご自宅で眠っているジュエリーが蘇る楽しみに、ワクワクされてお帰りになられました。 リフォーム後のダンシングストーンの揺れるペンダントトップ。シンプルなデザインで使いやすさは抜群です。ジュエリーは、大切な人へ思いを込めて引き継いで行くものです。お嬢さまとお孫さまと、ご一緒に相談されながらデザインをお決めになるご様子は、そばにいるこちらも幸せな気持ちになれるひとときでした。次回のご来店を心から楽しみにしています。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
  ダイヤモンドの一粒タイプリングとペンダントなど、使わなくなった複数のジュエリーをいろいろとお持ちになったお客さま。あれこれとご相談して、普段使いできるシンプルなダイヤモンドのペンダントネックレスをお作りすることになりました。メインのダイヤモンドは一粒タイプのリングから、バチカン部分には新たにダイヤモンドを追加して、きらめきを倍増させました。 リフォームのため、センターストーンを外した状態のリング。とてもかわいく仕上がったと、たいへん喜んでいただけて、私たちのほうがうれしくなりました。ほかにいろいろとお持ちになったジュエリーは、すべて下取りさせていただき、リフォーム代金の一部に充当したため、とてもリーズナブルにリフォームできたという点も喜んでいただけたポイントの一つです。 ジュエリーは眠らせていてはもったいないので、どんどんリフォームしたり、下取りに出したりして活用することを、いつもお客さまにおすすめしています。デザインが古くなってしまった、とかなんとなく飽きてしまってしまいこんでいるものなど、リフォームすれば新鮮で心ときめくジュエリーとして蘇らせてあげることができます。どうぞいつでもご相談くださいね。 リフォーム後のネックレス。リングから外したダイヤでペンダントトップを作り、バチカンにもダイヤを追加しました。  どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
お父様が生前、お母様に贈られたペリドットリングの、石がゆるんで来たので直してほしいとのことでした。もともと電池交換などで、たびたびご来店いただいていたお客さまで、ジュエリーなどに関するお話をよくさせていただいていたお客さまからのご相談でした。こちらがリフォーム前のリング。半世紀以上前のものとは思えないモダンなデザインと、透明度の高いみごとなペリドットに心を奪われます。 お父様がお母様にこのリングをプレゼントされたのは、60年ほども前のこと。セレクトショップで購入されたそうです。4ctもあるみごとなペリドットのリングは、透明度の高い明るいグリーンの希少なもの。ダイヤモンドの脇石が配されたデザインは現代的で、まったく古さを感じさせません。このタイムレスな魅力にあふれたデザインを生かし、ゆるみにくく使いやすい形をご提案させていただきました。こちらがリフォーム後。元の美しいデザインを生かしながら、代々伝えられるほどの強度を持たせたリングに仕上がりました。 元は4本の爪で留めるデザインでしたが、爪をなくし、楕円形の石の左右の長辺をフクリン留めにしたので、引っかかることもありません。石がしっかり留まって緩む心配もないので、普段使いしやすくずっと着けていられると、たいへん喜んでいただけました。 当面はご自身で着けて楽しみたいとのことですが、ゆくゆくはお子さまに譲ることをお考えなので、しっかりと丈夫な作りにしておきたかったとおっしゃっていました。 半世紀以上の時を経ても古びない、モダンなジュエリーを選ばれたお父様の審美眼を尊重し、次代に引き継いでいかれる姿勢が、とてもすてきですね。   どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
パールネックレスをお買い求めになるため、ご来店されたお客さまとお話をしていたところ、しまいこんでいる立て爪のリングがあるので、普段使いできるようにならないかというお話をお聞きしました。 こちらがリフォーム前の立爪リングです。石留め部分の高さがあり、引っかかりやすいデザインでした。そこでリフォームをお勧めし、枠のサンプルをいくつかご覧いただきました。最終的に3点ほどの枠に絞り込んでご提案し、お気に召したデザインにリフォームしていただくことになりました。 元の立て爪リングは0.5ct弱の一粒ダイヤのものでしたので、枠のデザインに合わせて脇石を追加し、お作りしました。 新しくご提案したのは、リングの腕が左右からダイヤモンドを挟み込むようにホールドするデザインで、石が突出することがなく、引っかかったり当たったりすることがありません。そしてとてもモダンなデザインです。お客さまには、眠っていたジュエリーが思いがけず蘇ったと、たいへん喜んでいただきました。当面はご自身がお着けになって楽しまれるとのことですが、いずれはお嫁さんや娘さんにお譲りになるおつもりのようです。思い出のこもったジュエリーを代々受け継いで行く“ビジュー・ド・ファミーユ”は、大切にしたい家族の伝統ですね。   これがリフォーム後。すっきりとしたモダンなデザインになりました。どんなご相談にも全力でお応えします。 1932年創業、信頼とワクワク感を提供するニイミ時計店です。
半年ほど前に結婚指輪を買いに本店へご来店いただいたお客さまに、ダンシングストーンのリフォームができる旨を伝え、パンフレットをお渡しておきました。その後、再度奥様と一緒に来店され、0.15カラットのダイヤモンド立爪リングをダンシングストーンのプチネックレスにリフォームしていただきました。ダイヤモンドの立て爪リングをリフォームされる方が一番多いですね。ご持参いただいたお品です。このようなデザインは昭和の時代にはすごく流行ったタイプです。横からみると、とても高さのあるデザインです 真上から見ると、とても迫力がありますね。 お話を伺うと、ずっと前に自分を可愛がってくれた伯母さまから、「あなたにいい人が見つかった時、そのお相手の方にこのダイヤモンドを渡してあげなさい」と、プラチナの立爪ダイヤモンドリングを譲り受けたそうです。奥様は普段から着ける機会の多いシンプルなプチネックレスに仕立てたいとのご要望で、それも気になっていたダンシングストーンのネックレスに生まれ変わることが、とてもうれしいようでした。できあがったネックレスはこちらです。 受注から4週間、出来上がったダンシングストーンのネックレスを着けていただくと「可愛い!」を連発されて、とても気に入っていただけたようでした。今では普段からしょっちゅうご愛用いただいているとのことで、おすすめしたジュエラーにとってこんなにうれしいことはありません。 伯母さまの愛情がダイヤモンドに込められ、可愛がっていた甥御さんを通じて奥様に伝わっていく。なんともロマンチックですね。 どうぞ末永く、お幸せに。 ニイミではご婚約指輪(プチネックレス、ピアスでも)としての、リフォームも承っております。
818件を表示中